【集中するための5ヵ条】 テレワークで仕事に集中できない方は必見!

仕事に集中できない女性

女性の顔

テレワークって仕事に集中できなくて……

という方はすごく多いと思います。

自宅で仕事に集中するって、本当に大変ですよね……。

私もなかなか集中できずにいたのですが、いろいろ勉強&試行錯誤した結果、↓の5つに気をつけるだけでOKという結論になりました。

  1. パソコンまわりはいつでも整理整頓
  2. 仕事内容をはっきりさせてから始める
  3. スマホを見ない
  4. 計画的に休憩する
  5. 生活リズムを崩さない
この5つのポイントに気をつけるだけで、かなり集中しやすくなりますよ。

この記事では、テレワークで仕事に集中できない原因と、集中するための5ヵ条をご紹介しますね。

「テレワークで仕事に集中できない……」原因はこの5つです

仕事に集中できない原因
仕事に集中できない5つの原因について、一つずつご紹介しますね。

1.パソコン周りが散らかっていると気が散る

散らかったテーブル
仕事中に視界に入るモノが多ければ多いほど、注意力が散漫になります。

視界に入るモノに気が行くこと自体は、「人間はそういう生き物」なのでどうしようもないです……。

2.仕事内容を把握していないと気が散る

無計画な女性
仕事をはじめる時点で
「今日はコレをやって、次にアレをやって、それからアレを」
という感じで1日の仕事内容を把握していないと、

「えーと、今日は何やるんだっけ?あ、ちょっと待って。コレなんだろう(ニュース記事を読んじゃう)」
「あー終わった。それで、次は何だっけ?あ、そうだ。あっちはどうなってるんだろう?確認してみよう」
という感じでいちいち立ち止まってしまい、集中力が切れる絶好のタイミングになってしまいます。

3.スマホが気になる

スマホを使う女性
スマホが気になって触ってしまうのも、集中力が切れる絶好のタイミングです。

4.疲れてから休憩している

疲れ切った女性
人間って、すごく疲れやすいです。

そして疲れれば疲れるほど、集中力はなくなります。

5.寝不足・生活習慣の乱れ

時計
「テレワークになってから、なかなか眠れなくて」という方も多いと思います。

寝不足も集中力の大敵です。

テレワークでも仕事に集中するには、この5ヵ条に気をつけるだけでOKです

仕事に集中するための5ヵ条
一つずつご紹介しますね。

1.パソコン周りはいつでも整理整頓

整理整頓されたパソコン周り
視界に入るモノが多ければ多いほど、気が散ります。

パソコン周りは常に整理整頓して、余計なモノが目に入らないようにしましょう

理想は「目に入るのはパソコンの画面と壁だけ」ですが、なかなか難しいですよね。

なのでせめて、

  • スマホやティッシュ、コーヒーカップ、時計、鏡などを近くに置かない
  • テレビをつけない
  • ボーカル入りの曲を流さない
には気をつけましょう。

2.仕事内容(今日やる事)をしっかり把握してからはじめる

タスクのリスト
その日にやる仕事の内容をしっかり把握して、計画を立ててから仕事を始めましょう

そうすれば目の前の仕事に集中できて、テキパキと処理できます。

また、マルチタスク(複数の仕事の同時進行)も厳禁です。

マルチタスクは効率が良さそうに思えますし、”仕事できる人感”もありますよね。

でも実際は、マルチタスクは効率が悪いです。

そしてシングルタスクとくらべて、集中力も減りやすいです。

かならずシングルタスクで目の前のことに集中して、それが終わってから次の仕事に手をつけましょう。

3.スマホを見ない

電源OFF
一日中スマホが気になっている方も多いと思いますが、仕事中はサイレントにして、手の届かないところに置いておきましょう

「LINEが来たからしょうがない」みたいな場面も多いと思いますが、一度返信してしまうと、その後も相手からのLINEが気になりつづけてしまいます。

ひどいときには、LINEやツイッターに貼ってあったリンク先を開いて見入ってしまったり……。

そうならないためにも、最初から触らないのが一番です。

4.計画的に休憩する

砂時計
すごーく大切なことなのでぜひ覚えておいていただきたいのですが、注意力やヤル気は”出すモノ”じゃなくて”減らないようにしながら上手に使うモノ”です。

疲れ切って集中力がゼロになってから休憩しても、なかなか回復しません。

集中力やヤル気が減らないように、計画的に休憩しながら、一日の終わりまで集中力とヤル気をたもちましょう。

具体的にいうと、ポモドーロテクニックを活用するのがおすすめです。

ポモドーロテクニックのやり方

難しそうな名前ですが、やり方はすごく簡単です。

やり方
25分間仕事する

5分休憩

25分仕事する

(繰り返し)

要は、「25分ごとに5分の休憩をしましょう」というだけです。

とても簡単な方法ですが、実際にやってみると、普段とは集中力がぜんぜん違うのがわかります。

ちなみに、5分休憩の間にスマホを触るのはNGです。
スマホの操作中は集中力・ヤル気がどんどん減るので、休憩になりません。

5.生活リズムを崩さない

部屋に差し込む朝日
「テレワークになってから寝つきが悪い……」という方がすごく多いそうですね。

また、テレワークって通勤時間がないし、(テレビ会議がなければ)化粧する時間もかかりませんよね。

寝不足と時間に余裕があるせいで、生活リズムが狂いがちな方も多いと思います。

寝不足だと、集中力はつづきません

また、人間の脳がちゃんと働きだすのは、起床して3時間経ってからです。

「ボーッとしているうちにお昼になっちゃった」を防ぐためにも、普段どおりの生活リズムをキープしましょう。

規則正しい生活リズムをたもつ方法は?

テレワークがつづいてもいつもどおりの生活リズムをキープするには、

  1. 出来るだけ体を動かす
  2. 起きたらすぐに日光を浴びる
  3. 普段と同じ時間に起きる
  4. お酒はほどほどに
に気をつけましょう。

一つずつご紹介しますね。

1.出来るだけ体を動かす

明るい時間に散歩するのが理想ですが、無理な場合は室内での踏み台昇降・スクワット・ヨガ・軽い筋トレなどで、なるべく体を動かすようにしましょう。

目標は、普段の通勤中・仕事中に動いているのと同じ量の運動です。

2.起きたらすぐに日光を浴びる

朝起きたらすぐにカーテンを開けて、しばらく日光を浴びましょう

人間の自然な生活リズムは、なぜか25時間サイクルです。

でも起きてから日光を浴びると、サイクルがリセットされます。

リセットされた時点から1日がはじまるので、1時間のズレを修正できます。

起きてすぐに日光を浴びないと、生活リズムが1日1時間ずつズレてしまって、
「朝起きるのがつらい」
「眠れない」
「午前中ボーッとしている」
「昼間眠い」
という事になってしまいます。

テレワークと日光や日焼けについては別の記事でくわしくご紹介しているので、ぜひそちらも参考にしてみてくださいね。

こちらの記事ですテレワークで自宅にいても、UV対策は必須です!!

3.普段と同じ時間に起きる

上でご紹介した「2」ともつながりますが、普段と同じ時間に起きて日光を浴びることで、生活リズムがズレるのを防げます

どうしても起きるのがつらいときは?

「3・2・1・GO!!」で行動する方法がおすすめです。

やり方はすごく簡単で、

「まだ眠い」「布団から出たくない」などと思う

すぐに「3・2・1・GO!!」と数えて行動に移す
というだけでOKです。

何かの行動をはじめるときのつらさは、「イヤだなー」「やりたくないなー」と考えている時間に比例して大きくなります。

つまり、「まだ起きたくないなー」と思っている時間が長ければ長いほど、起きるのがつらくなります。

「3・2・1・GO!!」で行動すれば、最小限のつらさで行動できます

また、起きるときだけでなく、「仕事のヤル気が出ない……」みたいなときなど、いろんな場面で使えます。

4.お酒はほどほどに

一人飲みでもオンライン飲み会でも、「自宅だから」という安心感での飲みすぎには注意しましょう。

お酒を飲みすぎると睡眠の質が悪くなって、翌日の寝不足につながります

また、「テレワークになってから寝つきが悪くて……」という方は、アルコールに頼って眠ろうとするのはNGです。

「飲まないと眠れない」が習慣になると大変です。

まとめ

以上、「テレワークで仕事に集中できない……」となってしまう原因と対策をご紹介しました。

ずいぶん長々と書いてしまいましたが、ご紹介した5ヵ条に注意して生活すれば、かなり集中しやすくなります。

5ヵ条の内容も(運動以外は)簡単に実践できるものばかりなので、ぜひ試してみてくださいね。